So-net無料ブログ作成
検索選択
ほーむめいど ブログトップ

自家製おはぎ作り♪ [ほーむめいど]

 
随分前から1度作ってみたいと思っていたけど
なかなか機会がなくて叶わなかった自家製おはぎ作り。
このGW中にやっと実行に移せましたー。
積年の願いと言うにはさして大した事のない願いですけどね。(;^_^A
 
 
おはぎの作り方をざっと紹介しますと
1.研いだもち米を水に浸けて数時間置く。
2.もち米の水を切って規定の量の水で炊く。
3.炊き上がったもち米を蒸らす。
4.すりこぎ等で適当に搗く。搗き過ぎ注意。
4.もち米が熱いうちに等分して丸める。
5.あんこでくるむ。
。。。というごくシンプルな調理法。
もち米が炊きあがったらあとは時間との勝負なので
結構あっという間に出来上がっちゃいますね。(^_^)
「なんだー、超簡単じゃん」と言うのが率直な感想です。
 
 
 
で、完成品です♪
おはぎ.JPG
そこー!あんこ剥げてるじゃんとか言わなーいっ!(笑)
あんこが剥げてたって剥げてなくたって
美味しく頂けるって事に変わりはありませんの。(^_^)
 
 
今回は市販の袋入りあんこ500gでおはぎ10個出来ました。
今度はあんこも自分ちで作ったものでやってみたいなー♪
 
 
 
[おまけ]
おはぎを作り終わった後のもち米がべったり付いたお鍋を
楽ちんとキクたんが(主に楽ちんが)必死こいて綺麗にしてくれてました。(笑)
出来上がったおはぎも、ほんのちょっぴりだけ
一緒に「美味しいね」って良いながら食べました。(^_^)
 
 

作るしかない♪ [ほーむめいど]

突然ですが、
うちは決して裕福な家ではなかったので
わたしが貧乏舌なだけかもしれないんですが
tabbycatはいわゆるふわっふわのスポンジケーキがあまり好きではないんです。 
なんかね、食べた気がしないの。(笑)
口に入れたらしゅわっと溶けてなくなるとかもう最悪ー。
どこいったんじゃ!ワレ!とか思いますもん。
こちとらカロリー摂取と言うリスクを背負ってまで食べてるのに(?)
あっという間になくなるとか勘弁してー。
で、どういうのが好きかって言うとほろほろ系が好きなんです。
ちょっとキメが粗くて、口に入れるとほろほろ崩れる様なやつ♪   
でも、世間的にはキメが細かくてふわふわしてて軽いスポンジがもてはやされてるし
そういうスポンジでケーキ作ってるお店なんて無いんですよね。。。
なので自分で作る事にしましたー♥
 
 
抹茶ケーキ1.JPG
スポンジ生地は粉の分量の10%〜5%ぐらいを抹茶に置き換えて
卵は別立てで、ハンドミキサーを使わずに作ります♪
(ミキサーを使うとキメが細かくなり過ぎるし、素材の風味も飛びそうので。)
中身は、あんこと6分〜7分立てにした生クリームを混ぜたもの。
生クリームは絶対に純生を使います。(ここ重要!)
飾り付けもなくシンプルな出来上がりで
見栄えも悪いですが、
スポンジもクリームも砂糖を若干控え目でお味は上品♥
生クリームの滑らかさとあんこのしっとり、スポンジのほろほろが
三位一体となってウマー♪なのです。自分的には理想のバランス。(^_^) 
 
 
忍び寄る.JPG
いつものことながら、この方も黙ってはいません。(笑)
粉もの、乳製品、あんこ♪ぜーんぶ大好物♥
お裾分けはほんのちょっとだけね。(^_^)
 
 
自分で作るメリットは、もちろん自分好みの味に作れるって事と
採算とか考えずに使いたい材料を使えるって事でしょうね。
抹茶なんて、ちょっと高いからお店屋さんならケチるかもしれないけど
こちとらふんだんに入れ放題でいっ。(笑)
それから生クリーム。
大した腕がなくたって、純生クリームを丁寧に泡立てたら
誰だっておいしいクリームが作れるはずなのに
お店屋さんで買ったケーキのクリームがそんなにウマーって感じないのは
やっぱりなにか混ぜ物が入ってるからなのでしょうかね。
まー、そんなに高級なケーキ店に行ってないからなのかも知れませんが。(;^_^A
 
 
 
ところで、ケーキを作りながら鼻歌まじりに
「作るしかない♪作るしかない〜♪♪」とか歌っていた訳なんですが(笑)
もとの曲はこちらでした。↓
ちょっと懐かしいなぁ♪わたしはこういう心意気大好きです。(^_^)         

 

リモンチェッロ作り(後編) [ほーむめいど]

前記事からの続きです。
 
 
漬け込み.JPG
こうして漬けこむとすぐに、レモンの皮から
小さな気泡の様なものが勢いよく出て来ます。
こうやってレモンのおいしい成分が抽出されるのですねー。
 
 
 
3546471
3日半経ったところ。
アルコールが綺麗な黄色に染まっています。
 
 
 
 
3546472
ザルで濾してレモンの皮を取り除いたところ。
取り出されたレモンの皮は、わずか3日でミイラの様な状態に。。。
触るとバリバリに硬くなっていました。
 
 
 
 
前日、シロップを作って冷ましておいたものと混ぜます。
シロップは水1.8Lを鍋に入れて火にかけ
そこにグラニュー糖をドバァーッっと入れました。
もうこれ以上溶けないってぐらいまで入れて良いです。
とりあえず今回は1.4kg投入。
 
 
 
3546473
シロップを入れる事により白く濁って来ました。
って言うか、
鍋から溢れるかというぐらいたくさん出来てしまいましたね。(;^_^A
 
 
 
 
3546474
ビンに小分けにして出来上がりです。
500mlのボトルが6本と、750mlのボトルが2本、
そして残りが400ml、計4.9Lのリモンチェッロが出来ました。
 
 
 

市販のリモンチェッロはもっとシロップの分量の割合が高く
さらに白濁していると思うのですが
我が家では若干お砂糖控え目になっています。(^_^)
 
 
 

猫とレモンは・・・


そんなにもわたしは檸檬を待つてゐた [ほーむめいど]

 
かねてからお願いしてあった無農薬レモンが
ようやく収穫期を迎えたとの事でさっそく手に入れましたー。
今年もまた自家製リモンチェッロ作りの季節がやってきましたよ。(^_^)




というわけで、山盛りのレモン♪
山盛りレモン.JPG
ずっしり3kgぐらいありますよー。^^;
 
 
 
これを、なるべく白い部分が入らないよう
表面の黄色い皮だけを剥きます。
白い部分が多いと苦味が強くなりますからねー。
で、こうなりました。
皮むき後.JPG
すっかりハダカんぼさん。
 
 
 
今回はスピリタス5本、計2,5Lを使用して漬け込みまーす。
漬け込み.JPG
常温で2,3日放置します♪
 
 
 
 
残った実の部分は
我が家のジャムおばさんこと、tabbycat母がジャムにしましたー。
白い部分を適度に残してスライスし
レモンの重量の1/2から2/3程度のグラニュー糖で煮詰めたそうですよ。
レモンジャム.JPG
 
 
 
 
ジャムだけでこんなに出来てしまいましたー。(笑)
ジャムたち.JPG
レモンのジャムはそれだけで食べるとかなり酸味が強いんですが
トーストに載せて食べると妙に美味しいんですよ♪
 
 
 
 
このあと皮を取り除いて軽く漉してから
砂糖水とブレンドして出来上がりなのですが
詳細はまた後日~。

マルベリージャム出来ました♪ [ほーむめいど]

桑jam.JPG 
 
 
先日の記事で紹介した時、桑は330g収穫出来ました。
そして昨日、第2弾を収穫した時には450gほど収穫♪
その桑を母がまたジャムにしてくれました。
前回作った分をちょうど完食したところだったので
グッドタイミングです。(^_^)
 
 
 
参考までにレシピメモ。。。
桑 450g
グラニュー糖 150g(本来は300g使うらしいですがお好みで♪)
レモン汁 適宜
ペクチン 大さじ5〜
 
 
へたを取った桑とその他の材料を鍋に入れて火にかけ
粗く潰しながら焦げ付かないようにかき混ぜて
20分から30分間煮詰めるだけのようです。
ペクチンは、
イチゴ等の他のフルーツをジャムにする時には必要ないのですが
桑はいくら煮詰めてもいくらレモン汁を入れても
とろみが付かずシャバシャバのままなので使用。
 
 
 
ホームベーカリーで焼いた自家製パンを厚めに切って軽くトーストし
バターを塗った上からたっぷりとジャムを乗せて食べると
桑の香りがほんのりとしてとても美味しいですよ♥
 
 
お金はかけられなくても、手間暇かける贅沢もまた良いものですね。(^_^)
 
 

いざ!スモークサーモン味見♪ [ほーむめいど]

 
夕飯まで待ちきれなくて、
tabbycatおかんが作った自家製スモークサーモンを
こっそりお昼に味見してしまいました。。。(笑)
 
 
 

0119smoked.jpg
くんくん、美味しいニオイがしますね。。。
 
粒マスタードを薄く塗ったパンに
サニーレタスとクリームチーズとスモークサーモンをのせ、
マヨネーズを少々。
あればスライスオニオンやケッパーなども欲しいところですが。。。
ちゃんとスモークされた香ばしい香りがして
火も入りすぎず適度に生感があって美味しかったです♪
 
 
パン大好きっ子の楽ちんとキクたんがわらわらと群がって来るので
急いでマヨネーズをかけたらこんな雑な事に。。。(;^_^A
 
 
年明け、知人と話していた拍子に
軽い気持ちでホームベーカリー欲しいな、と口にしたら
使ってないのがあるから貸してあげるよー!と嬉しい申し出が。(^_^)
早速材料を揃えて焼いてみたら
期待以上に美味いじゃないか♪
(↑のパンもホームベーカリーで焼いた全粒粉パンです。)
今年はパンも自家製になり、ほーむめいど道はさらに深まって行きそうです。
 
 
それにしても、自分ちで作ったモノは何でも美味しいなぁ〜♥幸せ〜。

 

自家製リモンチェッロ完成♪ [ほーむめいど]

 
年末に知人から、
お庭で収穫したと言う丸々とよく実ったレモンをいくつか頂いたので
以前からやってみたかったリモンチェッロ作りに挑戦しました。
リモンチェッロはイタリアのリキュールで、
レモンの皮の部分だけを使うのですが
なかなか無農薬のレモンを手に入れるのは難しくて
今まで出来ずにいたんです。
厳密に言うとリモンチェッロはある特定の品種のレモンを使ったもののみをそう呼ぶそうですが
まあ、細かい事は良いじゃないか。(笑)
 
  
早速作り方をネットで調べてトラーイ♪
簡単に手順を説明すると、
1.レモンの皮の黄色い部分だけを剥く。
2.アルコール度数95%以上のアルコールに漬け込む。
3.1週間放置。
4.砂糖と水を1:1ぐらいの量で鍋に入れ火にかける。
5.冷めた砂糖水と皮を取り除いたアルコール(1.5〜2:1)を混ぜる。
 
 
で、2週間後。。。
 
リモチェッロとローストビーフ.jpg
綺麗な黄色に仕上がりました♪
レモンの香りがパァ〜っと広がって甘くて美味しいです。
でもとっても強烈。。。たぶんまだアルコール度数40度以上あるよね?
ちょっと味見しただけで目が回りそうになりました。(;^_^A 
 
 
 
ふと気が付けば、
いつの間にか自家製の○○、と言うのが増えて来た我が家。
バックに映ってるローストビーフも自家製だしね。(^_^)
そんなに肩ひじ張って頑張ってるわけではないけれど
一応「スローライフ」を楽しんでいるのかな??(^_^)
 
 
さてさて、今日はtabbycat母が先日中華鍋で作っていた
スモークサーモンも味見が出来そうですよん♪楽しみ楽しみ。




[補足]
tabbycatが使用したのはこのお酒↓
 

スピリタス ウォッカ96度
やはり自宅付近では手に入らず、ネットで取り寄せました。
 

ほーむめいど ブログトップ